スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | スポンサーサイト
←prev entry Top next entry→

新しいServices_Amazonのバージョンで、Amazon Product Advertising APIに対応

amazon の公式ブログによると、今のアカウント認証のみではAmazon APIが使えなくなるとのこと。
amazon アソシエイト・プログラム(アフィリエイト) 公式ブログ: Product Advertising API の署名認証について

Amazon Product Advertising API への対応(PHP版) - もやし日記を参考に、新しい署名認証に対応してみました。

まずログインして署名キー(Secret Access Key)を確認。

そしてOTOMEXでは、「Cache_Liteしか入ってないサーバーで、Services_AmazonのsetCacheを強引に動かしてみました」の記事通り、Services_Amazonを使っているので、新しいverのServices_Amazon0.8.0をインストール。
自分はコマンドでやるのに慣れていないので、ファイルをダウンロードして上書きしました。

そのあとコードを修正して完成!

require_once("Services_Amazon/AmazonECS4.php");

//アソシエイトID
$asid = "xxxx-22";
//Subscription ID
$subid = "xxxxxxxxxxxx";
// Secret Access Key
$sakid = "xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx";
//インスタンス化
$amazon = new Services_Amazon($subid, $sakid, $asid);

・・・


と思ったら、




処理が止まってるーるーるー(ニッ○ンのCMのカンガルー風)

何で処理できないのか分からずその時は諦めてたんですが、次の日ふと。

require_once("Services_Amazon/AmazonECS4.php");

読み込むファイルがダメなんじゃないか!とやっと気づきました。

require_once("Services_Amazon/Amazon.php");

と修正したらちゃんと動くようになりました。ECS4が使えなくなるって書いてあるのにスルーしてました。


| もっち | PEAR | comments(0) | - | 新しいServices_Amazonのバージョンで、Amazon Product Advertising APIに対応

スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - | スポンサーサイト
Comment
name:
email:
url:
comments:
無料ブログ作成サービス JUGEM