スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | スポンサーサイト

ロリポップの独自ドメインでPEARを使えるようにするにはそのドメインごとにsafe_modeをoff

 ロリポップでPEARを使うにはsafe_modeをoffにする、
(参考:ロリポップ(lolipop)でPEARが使えなくなった | NET-KING
ということでphp.iniを設定したのですが、
数日後にまた使えなくなっていました。

何かでonに変更したのかと思い管理ページを見たら、




ドメインごとに変更しなきゃいけないのですねー。

1.php.iniで環境設定
2.独自ドメイン設定してネームサーバ変更

してたので、アカウントでとったドメインの方にしか適用されてなかったようです。


「全てのドメインに一括設定」でsafe_modeをoffにして動くようになりました。

| もっち | PEAR | comments(0) | - | ロリポップの独自ドメインでPEARを使えるようにするにはそのドメインごとにsafe_modeをoff

AmazonAPIからレビューやオススメ度が取得できなくなったのでIFrameに変更してみた

9/9に、アマゾンProduct Advertising APIの仕様変更について というメールが来てました。

2010年11月9日をもちまして、Product Advertising APIのReviewsレスポンスグループにおいて、カスタマーレビューの本文に代えて、Amazon.co.jpによりホストされるカスタマーレビューコンテンツへのリンクを返す仕様に変更されることをご連絡いたします。

お客様は、このリンクをご利用になることで、引き続きカスタマーレビューをご自身のサイトで表示いただけます。

とのこと。

レビュー(Review)は、今までカスタマーレビューの内容が返ってきましたが、IFrameURL という埋め込み用のURLを返すようになったみたいです。

  • オススメ度(AverageRating)
  • レビュー件数(TotalReviews)

この辺りも使えないようになったので痛いですね。

参考:Reviews レスポンスグループ

なので新しい仕様でレビューを表示させるためにコードをIFrame用に変更しました。
青色の部分が追加したコードです。

require_once("Services/Amazon.php");

//データを取得したい商品のASINコード
$asin_id = "xxxxxxxx";

//アソシエイトID
$asid = "xxxx-22";
//Subscription ID
$subid = "xxxxxxxxxxxx";
// Secret Access Key
$sakid = "xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx";
//インスタンス化
$amazon = new Services_Amazon($subid, $sakid, $asid);

//地域を日本に
$amazon->setLocale('jp');

$amazon->setVersion('2010-10-01');

$amazon->setCache('file', array('cache_dir' => 'cache/'));
$amazon->setCacheExpire(43200);

$ama_options['ResponseGroup'] = 'Reviews,Small'; //レスポンスグループ
$ama_result = $amazon->ItemLookup($asin_id, $ama_options);
$ama_iframe = $ama_result['Item']['0']['CustomerReviews']['IFrameURL'];


最初、IFrameURLが返ってこずはまったのですが、setVersionで新しいバージョンを指定してあげないといけないみたいです。
2010-09-01でもいいみたいです。

そうすると、IFrameURL に
http://www.amazon.co.jp/reviews/iframe?akid=なんちゃら〜
みたいなURLが返ってきます。
それをiframeタグをに入れればレビューがサイト内に表示できます。
でも見た目があまり良くないし使いづらいですね。

あとは24時間で作成されたURLが無効になってしまうので、キャッシュの時間も24時間以内にして(元々12時間指定なのでそのまま)完了です。
| もっち | AmazonAPI | comments(0) | - | AmazonAPIからレビューやオススメ度が取得できなくなったのでIFrameに変更してみた

ヘテムルからさくらインターネットへのドメイン移管・サーバー移転

otomex.netドメインを、ヘテムルからさくらインターネットへ ドメイン移管・サーバー移転した時のメモです。


ドメイン管理レンタルサーバー
移管前ムームードメインヘテムル
移管後さくらインターネットさくらインターネット

実際はレンタルサーバーだけさくらにしたかったんですが、
コントロールパネルの「ドメイン設定」にある「他社で取得したドメインを移管せずに使う」に気づかなかった(何回も見たのに・・・)ので移管しないとダメだと思い込んで移管してしまいました。
  1. 1.ドメイン移管の申込をする
  2. 2.移管の承認メールが届くので承認する
  3. 3.ムームドメインから移管の承認メールが届くので承認する
  4. 4.さくらのコントロールパネルからマルチドメイン設定をする
  5. 5.ドメインのネームサーバを ns1.dns.ne.jp / ns2.dns.ne.jp に変更


1.ドメイン移管の申込をする

参考ページ:SAKURA Internet // サポート - オンラインマニュアル - ドメイン移管マニュアル (gTLD)

まずは、申し込む前にムームードメインのコントロールパネルから
・WHOIS情報の「ドメイン管理者のメールアドレス」を自分で受け取れるメールアドレスに変更
 (申込後に、そのメールアドレス宛てに承認確認メールがくるので)
・認証コード(オースコード)を確認してメモ
しておきます。




そしてさくらの会員メニューの
契約情報>ドメインメニュー>COM/NET/ORGドメイン>ドメインの移管 の申込フォームに必要事項を入力して申込みます。



申し込みが完了したら、さくらインターネットから「サービスの利用料金の請求についてお知らせ」メールが届くので、指定された口座に料金を振込みます。

2.移管の承認メールが届くので承認する

参考ページ:SAKURA Internet // サポート - オンラインマニュアル - 移管したgTLDドメインを利用する : 移管承認マニュアル

数日後に、さくらインターネットから支払い確認できたので移管作業を開始するよ、というメールが届きます。
その後(前?)、件名「Domain Name Transfer Of :otomex.net Request for Confirmation」というメールがドメイン管理者に設定したメールアドレスに届きます。
そちらに記載されている承認ページのURLをクリックして、承認を行います。




3.ムームドメインから移管の承認メールが届くので承認する


数日後、ムームードメインから、「【重要】トランスファー申請に関する確認のご連絡 otomex.net」という件名のメールが届きます。
他社からトランスファー申請が来ましたが、承認しますか?するならフォームから承認してね。といった内容です。
そちらに記載されている承認ページのURLをクリックして、承認を行います。



そうすると数日後にムームードメインからトランスファー申請の承認処理が完了したよというメールが届きます。

4.さくらのコントロールパネルからマルチドメイン設定をする

数日後にさくらインターネットから「ドメイン移管作業完了のご連絡 [otomex.net]」というメールが届きます。
ここまでこれば、後は自分のタイミングでドメインのネームサーバーを変更できます。

コントロールパネル>ドメイン設定>さくらインターネットで取得したドメインを使う
から新しいドメイン(otomex.net)を追加して、ドメインの詳細設定をします。




設定し終わったら、指定したフォルダに表示させたいファイルをアップロードします。

5.ドメインのネームサーバを ns1.dns.ne.jp / ns2.dns.ne.jp に変更

あとは参照するサーバーの切り替えをするのみです。
参考:SAKURA Internet // サポート - オンラインマニュアル - 他社で取得した独自ドメインを利用する

さくらの会員メニューの
契約情報>ドメインメニュー>ドメイン一覧>登録情報 からネームサーバーを変更します。





次に、ムームードメインのコントロールパネルからネームサーバを変更します。





これを行った後に、ムームーのドメイン一覧からotomex.netが消えました。


これで作業は完了です。
あとは、DNSサーバーが書き換えられるのを数日待ちます。

ちなみに自分は、
PCでの閲覧:5日後くらい?(2日目くらいに書き換わったと思ったら元に戻ってた)
スマートフォン:3時間後
携帯:2日後くらい
といった反映スピードでした。

あと、同時に s.tomex.net というサブドメインも移動させましたが、サブドメインの方が早く反映されたりと色々違いもあるようです。


日数的には、

1.ドメイン移管の申込をする(8/2)
2.移管の承認メールが届くので承認する(8/3)
3.ムームドメインから移管の承認メールが届くので承認する(メールが届いたのは8/4、承認したのは8/6)
4.さくらのコントロールパネルからマルチドメイン設定をする(ドメイン移管作業完了のご連絡メールが8/7)
5.ドメインのネームサーバを ns1.dns.ne.jp / ns2.dns.ne.jp に変更(8/9 朝)

8/15 DNSサーバ反映完了 といった感じで行いました。


| もっち | サーバー移転メモ | comments(0) | - | ヘテムルからさくらインターネットへのドメイン移管・サーバー移転

サーバー移転してGoogleアナリティクス携帯版が動かない時はphp.iniの設定を見てみる

ヘテムルからさくらのレンタルサーバーへのサーバー移転が無事終わったのですが、
その辺りから声優ブログサーチ携帯版につけてるGoogleアナリティクスのログが取得できてませんでした。



なのでとりあえず疑わしいところから対応してみました。

1.ga.phpのパス


ドメインは変わっていないので関係なし×

2.ga.phpのパーミッション


パーミッション755に変えてみた→関係なかった×

3.もしかしてphp.iniの設定?


「 google アナリティクス ga.php (あやしそうなディレクティブ名)」で検索・・・したら出てきました!

google analyticsのモバイル版の解析が上手くいかない場合の対処法 その2 | journal.materialboy.net

こちらのブログによるとallow_url_fopen = Offだとga.phpが動作しないとのことなので、allow_url_fopen = Offを消してみたら、





動きました!

allow_url_fopen = Off を付け加えて設定していたのがダメだったみたいです。

| もっち | PHP | comments(0) | - | サーバー移転してGoogleアナリティクス携帯版が動かない時はphp.iniの設定を見てみる

mb_substrがサーバーによって文字の切り方が違う場合は文字コードを指定してみよう

 さくらのサーバーにお引越しテスト中に、

●さくらのレンタルサーバー



●お引越し前のヘテムル


と、表示がおかしなところがありました。

こちらのコードは

mb_substr( $q_titime, 0, 60 );

と、mb_substr関数で指定数の文字列を取り出している部分です。
文字の数え方にPHPのバージョンで動作違いがあるかと思ってマニュアルを見ても特に無い様子。

とりあえずぐぐったら
phpのmb_substrで発生する文字化けの対処方法 - camelmasaの開発日記
という記事を見つけたので、ちょっと関係あるかなと思い、

mb_substr( $q_titime, 0, 60, 'utf-8' );

としてみました。




見事直りました!

文字コードがダメだったんですね。


| もっち | PHP | comments(0) | - | mb_substrがサーバーによって文字の切り方が違う場合は文字コードを指定してみよう
無料ブログ作成サービス JUGEM